総入れ歯ドットコム 東京・三鷹 入れ歯専門 澤田歯科医院

お急ぎ総入れ歯製作

  • HOME »
  • お急ぎ総入れ歯製作

通常の場合、総入れ歯製作には型どりから完成までに6回の治療ステップが必要であり、さらに治療と治療の間では技工という入れ歯づくりの裏方作業もあります。そうなると、治療の予約を毎週とったとしても、結局全体で約2ヶ月は総入れ歯完成までに期間がかかってしまうのが一般的です。

 

総入れ歯治療専門

しかし、患者さんによっては、それぞれの事情があって総入れ歯を急ぎで作らなくてはいけない時があります。私は、大勢の患者さんとお会いしてきて、幾度もそんな場面にご相談をお受けしてきました。

1) 入れ歯を紛失してしまったが、来週に商談の予定があり、途方に暮れている。

2) 娘さんの結婚式を1週間後に控え出来上がった入れ歯が出っ歯で人前に出られない。

3) 仕事が忙しく、年末年始の休みで何とか入れ歯を作りたい。

4) だましだまし持たしてきた大きなブリッジが今にも抜けそうで、もう総入れ歯にするしかない。

澤田歯科医院

事情は患者さんによって様々です。

このような、やむを得ない事情があって、「急ぎの総入れ歯を作りたい!」と患者さんが懇願しても、歯科医院で早急に予約をとれるか、あるいは技工所に総入れ歯づくりを依頼する際のタイムスケジュールの問題などで、ほとんどの歯科医院では「1週間やそこらで総入れ歯はできませんよ」と言うでしょう。

でも、それでも...、患者さんにはどうしても急ぎで総入れ歯が必要な、やむを得ない事情があることも確かなんです。

その点を一人の歯医者として、見過ごすわけにはいかないわけです。

 

  • 娘さんの結婚式に間に合うように近所の歯医者で入れ歯を作ってもらってきたが、結婚式の1週間前に完成してみたら口元にシワが寄ってしまい、これではみっともなくて披露宴に顔を出せない。
  • 息子が突然「結婚相手を連れて来る」なんて言いだした。会うのは良いが、歯がないままではカッコがつかない。早急に総入れ歯を作りたい。
  • 最近急に前歯がグラグラしてきて今にも抜け落ちそうだ。仕事柄、前歯なしでは職場に行けないので、何とか連休中に入れ歯を作って、前歯のない期間を無くせないものだろうか。

こんなことって、本当にあるんですよね。

 

そんな『急ぎの総入れ歯が必要でお困りの方』を、澤田歯科医院ではサポートしたいと思っています。

普通の歯科医院では対応がまず無理なこのニーズに、澤田歯科医院ではお応えすることができます。ぜひ一度ご相談してくださいね。

 

なぜ澤田歯科医院では早く総入れ歯を作れるのか

技工

通常、総入れ歯づくりには型どりから完成までに6回の治療が必要な事は先にもお話したとおりです。

1) 上あごの型どり

2) 下あごの型どり

3) 垂直的な噛み合わせの高さ決定

4) すり合わせる噛み合わせのバランス決定

5) 歯を並べて完成一歩手前の状態でお口に合わせて修正

6) 完成。お口の中に入れて細かく調整。

 

週に1回来院してもらい治療を進めていくと、約2ヶ月の期間を要するわけなので、1日や2日で急ぎで総入れ歯はできないことはお分かりになると思います。

澤田歯科医院では急ぎで総入れ歯を作ることがことができるのか、お伝えします。

普通の歯医者さんが対応不可能な理由が3つあります。

  1. 技工にかかる時間を短縮できない。
  2. 技工をドクターがやっていない。
  3. 日程調整ができない。

詳しく説明していきましょう。

1. 技工にかかる時間を短縮できない。

一般の歯医者さんは、総入れ歯づくりの技工を技工所に外注に出しています。技工所には仕事の流れというものがありますので、噛み合わせをとる道具を創るのに何日、歯を並べるのに何日、仕上げるのに何日と、技工操作の違いによって、出来上がりに必要な日数が決まっています。突然「明日までにやって」と言われても、他の医院の仕事をほったらかして対応することはできないので、「急ぎの入れ歯」を作るシステムはないわけです。

澤田歯科医院では、どう違うかというと、

澤田歯科医院では技工もすべてドクターがやっています。 ですから、技工士さんの仕事のリズムに合わせる必要がなく、外の技工所に届ける時間も必要ないのです。「急ぎの総入れ歯をつくる」と決めたら、そのスケジュールに則って作業を進めることが可能なワケですし、治療と同時に技工操作を進めることが可能なわけです。ですから、技工にかかる時間を大幅に短縮、問題点を解消できるのです。

2. 技工をドクターがやっていない。

技工

一般の歯医者さんでは、総入れ歯づくりの技工は技工士さんに依頼しています。ですから技工操作をドクターが自分で行うことには慣れていません。歯科医院の中に、技工に必要な道具や機材もない可能性が高いでしょう。すなわち、急ぎの総入れ歯づくりをしようにも、そのために必要な技術も道具も揃っていないということです。

澤田歯科医院では、技工もすべてドクター自身が行います。もちろん、普段から技工士さんと同じく技術を磨き、道具、機材が揃っています。「急ぎの総入れ歯が欲しい」という患者さんのニーズに合わせて、短時間で総入れ歯づくりの技工を、治療をしながら同時に進めることが可能なわけです。

3. 日程調整ができない。

一般の歯医者さんでは、総入れ歯づくりだけを専門にしているわけではなく、1日に20人、患者さんの多いところでは50人以上もの患者さんの予約が入っています。だいたい1ヶ月から2ヶ月は予約がびっしり入っているわけです。そんな歯医者さんに、「急ぎの総入れ歯を作ってください」と依頼しても、どう考えても予約を入れられるわけがありません。予約がとれても、30分から良くて1時間ぐらいの予約でしょう。総入れ歯づくりには少なくとも丸1日は必要です。そんな予約は普通のシステムで経営している歯医者さんには対応不可能なわけです。

澤田歯科医院は、『総入れ歯専門』であり、ドクターがすべて技工をやっていますので、1日に拝見できる患者さんは数名程度です。1ヶ月に診ることのできる患者さんの数も制限しています。これは澤田歯科医院に来院して下さる患者さんに対して、澤田歯科医院で作る総入れ歯のクオリティーを高く維持するためです。こういう経営システムをとっているので、急ぎのご要望が突然出てきた際にも、丸1日予約を一人の患者さんのために確保する..と言うことも日程調整次第では可能なわけです。もちろん、他の患者さんに迷惑をかけるわけにはいきませんので、事前に日程調整をしておく必要がある事はご了承ください。

 

澤田歯科医院では、他の歯科医院では対応することのできない、『急ぎの総入れ歯を作りたい』という患者さんのニーズにお応えしていきたいと思っています。世の中にはこんな特殊な「総入れ歯専門の歯医者」も必要だと思うんです。

もし、「どうしても急ぎで総入れ歯を作りたいのだけど、どこの歯医者でも断られて困っている...」という患者さんがいらっしゃいましたら、ご遠慮なくご連絡ください。できる限りご希望にお応えしたいと思っています。

 

 

具体的なタイムスケジュール

※急ぎの総入れ歯を作るとは言っても、事前診査は必ず必要です。まずは電話で相談して、日程などの調整を行います。

1日で総入れ歯を作る場合

事前に日程調整した治療日を丸一日、急ぎの総入れ歯が必要な患者さんのために確保させていただきます。担当ドクターが丸一日つきっきりで治療を進めます。

朝一番 上あご、下あごのお口の型どりをします。
急いで模型を作り、噛み合わせを決める準備をします。
午前中 噛み合わせを決めます。
同時にお口に合わせながら歯をならべていきます。
(患者さんには昼食をとってもらい、
その間に総入れ歯の形を作りあげます。)
午後 お口の中で微調整を進めていきます。
夕方 口元のはりなどを整え、仕上げ磨きをして完成とします。

 

2日間で総入れ歯を作る場合

事前に日程調整した治療日を丸二日、急ぎの総入れ歯が必要な患者さんのために確保させていただきます。担当ドクターが丸二日つきっきりで治療を進めます。

1日目午前 上あご、下あごのお口の型どりをして模型を作ります。
1日目午後 噛み合わせを決めます。
お口に合わせながら歯をならべていきます。
★患者さんには一旦ホテルにお帰り頂きます。
夜間 徹夜の作業で時間をかけて、総入れ歯を固い材質に置き換えます。
2日目午前 お口の中で微調整を進めていきます。
★患者さんに、昼食を食べてもらい、様子をみてもらいます。
2日目午後 さらに不具合を調整していき、夕方には仕上げとします。

急ぎで総入れ歯を作る問題点

澤田歯科医院

総入れ歯づくりには、丁寧な治療と丁寧な技工操作が必要です。どちらも精度を上げるために省くことのできない必要な時間というものがあります。

ですから、「精度を上げるために必要な時間」を省略する「急ぎの総入れ歯づくり」は、少なからず精度は落ちてしまうのです。それでも「急ぎ」を優先させるのですから、この点は仕方ないことだと思います。患者さんの希望に添えるように、全力で総入れ歯を作るしかありません。

しかし、そうは言っても使えないのでは意味がないわけです。

精度は落ちるといっても、お口に装着できないとか、外れてしまう..と言うレベルの話ではありませんので、ご安心ください。お口には十分装着でき、お口を開け閉めしたりするのはなんら問題はないように製作します。ただ、ものを噛んだり、お話をしたりするときには、どうしても細かいところで気になるところがあるかもしれないわけです。厳密な意味で、「全く違和感がない」というわけにはいかない..ということです。

しかし、それらの問題点もクリアできるように、様々な工夫をして、出来上がった後も使ってもらいながら気になる点を微調整していきます。その際には足りない部分をお口に合わせて足したり、削ったりしていきます。歯医者専用の長持ちする安定剤を使うことも必要です。

安定剤などを使うので、どうしてもその状態で1年~2年と使ってもらうのは難しくなります。

つまり、「急ぎの用事」が済んだら、長期間の使用に耐えうるように新しい総入れ歯を作ることも必要だと言うことはご了承ください。

 

総入れ歯に関する無料電話相談の
詳しい内容はこちらから!!

お気軽にお問い合わせください TEL 0422-52-0193 東京都武蔵野市中町3-6-19

電話相談(無料)

総入れ歯に関するご相談を院長自らお電話でお受けします。 (無料)

完全予約制、1日1名限定です。

下のお申し込みページから相談希望日をご連絡下さい。

お申し込みはこちらから

ネット予約

ネット予約

無料動画プレゼント中

alt here...

総入れ歯を作ろうとされている方向け動画「良い総入れ歯を作るためには」を無料でご提供しております。
総入れ歯専門の歯科医院の考え方を是非ご覧下さい。

お申し込みはこちらから

当院への紹介システムと院長の主催するセミナーのご案内

総義歯の難症例の患者様をと当院にご紹介していただく手順、当院の見学、院長主催の講演会・セミナーのご紹介についてはこちらです。

PAGETOP
Copyright © 澤田歯科医院 All Rights Reserved.